看護部の活動

看護理念

安全・安心・信頼の看護・介護をめざします。
地域の人々の「命の尊厳」を守り、いきいきと生活できるよう支援します。
参加と協同の保健・医療・福祉活動のネットワークをすすめます。
専門職としての研鑽を高め、質の高い看護・介護をめざします。

看護活動の紹介

病棟

急性期一般病棟

肺炎、脳梗塞、心不全などの治療、検査目的入院、高齢者の在宅調整、がんの疼痛コントロール、透析など、内科の患者さんのケアを提供しています。看護間でのウオーキングカンファレンス(ベットサイドでの患者参加の申し送り)をはじめ、医師、看護師、栄養士、薬剤師など多職種カンファレンスで情報を共有しながらチーム医療を展開しています。入院中に治療をしながら、在宅スタッフとも退院後の生活を調整し、安心してご退院できるように支援することも私たち看護師の役割となっています。

回復期リハビリ病棟

回復期リハビリ病棟は、主に脳血管疾患や骨折により身体機能が低下した患者さんを対象に早期かつ集中的にリハビリを提供し、在宅復帰・社会復帰を目指す病棟です。入院後すぐにベットサイドで担当セラピスト(理学療法士・言語聴覚士・作業療法士)、看護師など他職種で顔合わせをするとともに身体機能の評価、環境設定、退院に向けた意向などの確認を行います。リハビリ室でのリハビリはもちろん、病棟内の生活そのものがリハビリと位置づけ支援しています。リクレーションも積極的に取り入れ、メリハリのある日々の変化を大事に心身ともにリハビリを積極的に行える環境を整えています。

慢性期病棟

障害者の方、高齢者の方は入院中に体力が低下し、治療が終わってもすぐに退院するのが難しかったり介護サービスを見直したり、自宅の改修などが必要な方が多くいます。退院にあたって、ご家族やご本人の不安な点を再確認し、在宅スタッフや介護支援専門員と連携して、より安全に安心してご自宅に退院できるような援助を行うことが私たちの役割です。また、ご自宅で最期を迎えるのが困難な方のお看取りにも対応しています。住み慣れた地域で自分らしく尊厳をもって、最期を迎えられるようなケアも提供していきたいと考えています。

緩和ケア病棟

悪性腫瘍による患者さんが「自分らしく」穏やかな毎日を過ごすために、身体や心のつらさを和らげることを目指しています。また、医師・薬剤師・セラピストなど他職種とチームとなり、地域・在宅部門や他の医療機関と連携し、全人的な緩和ケアを提供できるよう努めています。

外来

王子生協病院 外来

外来 地域の身近な医療機関として子供から高齢者まで幅広い患者さんが通院しています。
また、救急指定病院として夜間休日の救急対応も行っています。外来看護の特徴としては、限られた時間の中で患者さんにかかわるため、短時間で患者さんの全体像を把握し、状態の変化に気付く視点が求められます。中断している患者さんの電話フォローや気になる患者さんの訪問を通して生活全体をみる看護を大切にしています。また、禁煙外来や物忘れ外来、緩和ケア外来など患者さんのニーズに合った看護を提供できるようにチームで情報を共有し、質の高い看護サービスを提供できるように日々頑張っています。

診療所

当法人には、北区、荒川区、足立区のエリアに8つの診療所があります。外来・訪問診療・健康診断・予防接種などを通じて、子どもから高齢者まで家族ぐるみで地域の幅広い方を対象とした医療活動を行っています。また、地域のケアマネージャーや高齢者安心センター(地域包括支援センター)と一緒に学習会を開催し、介護と医療の連携を深める活動や地域の組合員さんと協力して、患者様や住民の方を対象に、健康づくり情報を発信する学習会など保健予防活動を行うなど地域の方々と共に地域に根ざした活動を幅広く行っています。「何かあったら生協の診療所に相談すれば安心できる」といわれるよう、話しやすくて適切な対応が受けられる診療所であるよう心がけています。

訪問看護ステーション

東京ほくと医療生活協同組合では現在5つの訪問看護ステーションをもち、地域に根ざした看護を目指して在宅生活のお手伝いをさせていただいています。
『法人内の事業所との連携』という強みを生かし、「利用者様とご家族が望む医療とは何か」を毎日追求しています。
また、法人外の医療機関からも依頼をうけ連携を深めながら訪問看護を行っています。今後さらに増えるであろうざ在宅介護ですが、1人で不安や悩みを抱えている方がなくなるように『地域の中の訪問看護ステーション』であり続けたいと思います。

透析室(生協北診療所)

生協北診療所の透析室は、34床の透析室です。患者さんの年齢は、30~90歳代と幅広く、透析歴も1年未満から30年以上の方までいらっしゃいます。
患者さんは、透析治療を開始すると、ほぼ永久的に週3回通院しなければなりません。透析治療を受けている患者さんは、透析治療だけではなく様々な疾患や合併症をお持ちなので、その対応も多岐にわたっています。また、高齢化しており家族看護というのも重要です。患者さんを囲んでいるご家族の事を切り離しては考えられません。
心のふれあいを大切に、安全・安楽な透析医療を提供できるよう誠実に努力していきたいと思います。